「ほっ」と。キャンペーン

ジュディともみじの物語

basset.exblog.jp
ブログトップ

ドッグショーだ

犬1000頭が集う!!のうたい文句に吸い寄せられ、行ってきた。

ドッグショーということで緊張感でピリピリの雰囲気だろうと思い、あばれはっちゃくジュディ&もみじはお留守番。(これがとてつもない後悔で悶絶する事になろうとは、この時夢にも思わなかった・・・・・・・・・・・あ~)

会場は、ワタクシが高校時代、カルチャークラブのコンサートで「カーマカマカマカマ♪」と大騒ぎした名古屋国際展示場

やみくもに撮った写真より抜粋。
e0117138_2337094.jpg

e0117138_23372187.jpg

e0117138_23373881.jpg

e0117138_23381327.jpg

e0117138_23383534.jpg

e0117138_23385231.jpg

e0117138_23391299.jpg

e0117138_2340982.jpg

e0117138_23403491.jpg


ショードッグだけあって眉目秀麗、品行方正だわ。
でも飼い主さんにゴロゴロ甘えたり、本番中歩くの嫌がってハンドラーさんに引っ張っていかれたり、ギャラリーに愛想振りまいていたり、とってもお茶目&微笑ましいな場面も。


ところで。
冒頭に書いた、とてつもない後悔で悶絶というのは・・・・

何と。

ブログ仲間のバセットあるるちゃんと飼い主むらさきさんにご対面してしまったのだ。
e0117138_234846.jpg

e0117138_23481641.jpg

もぉ可愛すぎる・・・・・あるるん、キミはバラよりうつくしー
ぶらぶら歩いていたらレモンバセがいたのでお声をかけ、お名前を伺ったら
「あるるです」
イヤァァーうそぉぉぉぉーーーー異常にハイテンションになってしまった。
あー何で連れてこなかったんだろう・・・・・後悔先に立たず。

その後、あるるちゃんのお友達にも♪
e0117138_23552714.jpg

あのー何でそんなに可愛いんですか?
「なみだ」って言う名前も可愛い。ナイスネーミング。
e0117138_23571637.jpg

あら!あなたがあの有名なキング・オブ・バセましゅー君ですね?
タプタプ具合が素晴らしい。

バセット飼って良かったよ・・・・しみじみ思った。


気になっているのが、ドッグショーの最中に場内アナウンスで
「ハスキーが車内で死にそうになっております!熱中症だと思われます!至急お車へお戻りくださーい!」
って。大丈夫だったんだろうか・・・・
[PR]
# by bassethoundno1 | 2009-03-03 00:04

花粉症で被害を被っているのは人間だけではないのです

花粉症の時は、普段のくしゃみと違ってぶへーっくしょぉーーーん!!!という、わざと?という位おおげさなくしゃみになるのです。

そんなくしゃみをしたら、そばで寝ていたもみじが
e0117138_1924497.jpg


そして
e0117138_19245037.jpg

襲われた・・・・・
e0117138_19245082.jpg


ジュディさんは寝たままだった。
e0117138_19245017.jpg

[PR]
# by bassethoundno1 | 2009-02-28 19:24

キャンピングカー博で犬ウォッチング

ポートメッセ名古屋でキャンピングカー博を見に行ってきましたよ。
CMによると、犬同伴OKなんですって!
もちろん、連れて行きましたとも。
e0117138_15235292.jpg
e0117138_1523529.jpg


あんまり人が多くて背の低いジュディ&もみじは蹴飛ばされそうだったので
一通り見てから外で休憩。色んな人に声かけてもらえて嬉しそうにしておりました。

キャンピングカー見に来る人=アウトドア好き♪=大型犬ワラワラ なのかなと思いきや、小型犬が圧倒的。

色んな犬にご対面できました。
e0117138_15235272.jpg
e0117138_15235212.jpg

ゴールデンってアウトドア似合うよね♪泳ぎも上手いし。あーやっぱり可愛いなぁ~

e0117138_15235218.jpg

フレンチブルさん。何故か出口へ行きたがるので、きっと早く帰りたいのだろう。

e0117138_1523524.jpg

3頭連れです。飼い主さんお食事中。
美味しそうだね~欲しいね~。

e0117138_15235296.jpg

この秋田犬、立ち姿が威風堂々。チャ~ラララ~チャ~ラ~チャ~ラララ~ラ~(←「威風堂々のテーマ」)

e0117138_15235217.jpg

色々と好みはありますが、やっぱり美形犬と呼ぶにふさわしい。
何だか立ち姿はもちろん、歩き方もスッスッとして華麗。品があるといいますか・・・

e0117138_15235259.jpg

まぁいつ見てもデカいです。このコが乗れるキャンピングカーはどれだ?
子供に「熊だぁ~!」と言われておりました。

e0117138_15235257.jpg

珍しいなぁ。走るのが速そう。
ジュディVSサルーキで競争させたら、きっと小学生とカール・ルイスくらいの違いなんだろう。

みんな、キャンピングカーで飼い主さんと旅が出来ると良いですね^^
[PR]
# by bassethoundno1 | 2009-02-22 15:23

大人の女になったのね

今日ふと頭をよぎりました。
「そういえば最近、犬達イタズラしなくなったわぁ・・・」

思い起こせば、ジュディももみじもいろんな事をやらかして私を発狂&絶望させてくれたものだわ。

それぞれの武勇伝ベスト3はこんな感じ。

ジュディ
1位~カレー粉食っちゃった事件
2位~ふりかけ食っちゃった事件
3位~かっぱえびせん食っちゃった事件

全て食い物絡み。イタズラっていうのには語弊があるかも。飼い主の不注意っていうのも否めない。

もみじ
1位~冷蔵庫の中の食材部屋中に散らかした事件
2位~ゴミ箱ひっくり返し部屋中に散らかした事件
3位~カーテン引っ張りレールごと墜落させた事件
※おしくもランク外
ビデオテープを部屋中に散らかしおまけにオシッコひっかけた事件
イスを踏み台に食卓テーブルに飛び乗り玉子焼き食い逃げ事件

ジュディとは比べ物にならない位パワフル&デンジェラス。


このまま落ち着いてくれるのを願っています。油断禁物だけど・・・

e0117138_2354818.jpg

[PR]
# by bassethoundno1 | 2009-02-13 23:55

ブログ更新を怠けていた間の出来事

新年を迎えたときに「今年は少なくとも週1ペースでブログを更新しよう!」と決めたものの、早々に決意崩れました。

休日はドップリ引きこもり生活を送っていますが、先日珍しく車でとある公園へジュディともみじを連れて行きました。かなり広い公園。
e0117138_20344757.jpg


お天気も良く絶好のお散歩日和だと思ったのですが、ものすんごく風が強い。
e0117138_20344759.jpg

池の水が波打ち、ジュディ&もみじの耳も風でたなびく。ダンボのように飛んでいきそうだ。

向かい風にも負けずにひたすら歩いていくとちょっとした庭園が。
e0117138_20344740.jpg

まぁまるでモネの絵画のようではありませんか~WWW モデルが悪いな。
もみじ、ジュディ母さんが追いつくのを待っています。
e0117138_20344788.jpg


あー寒い寒いとひたすら歩く。もくもくと歩く。
e0117138_20344733.jpg


もみちゃん、アンタはまさしくジュディの娘だ。間違いない。
e0117138_20344774.jpg
e0117138_20344775.jpg


全然話変わりますが。

先週、ジュディのオシッコに血が混じっているのを発見。朝の出勤前だったのでとりあえず先生に電話をしてみたところ
「食欲があって元気なら緊急というほどではないと思うので、夜に来院してください。できればおしっこを採って持ってきてください」

仕事を終えて早速オシッコ採取にとりかかろうと、空きビンをゴソゴソ出していたその時
ジュディ おしっこジャ~~~・・・・・・
間に合いませんでした。
失敗

ゴハンを食べさせればその後必ず水を飲むので、それまで待機。

「血の混じったおしっこなんて・・・」と心配している飼い主の前でガツガツごはんを平らげ、もみじの分もあわよくば食べちゃえ~と狙っている食欲旺盛なジュディ。しかも食べ終わったらドタドタ走り回っている始末。あの~オタクお体のほうは大丈夫なんですかい???????

しばらくしたらトイレの方へ。早速ビン持ってスタンバイ。

成功!!

急いで病院へ。おしっこ入りビン提出。

おしっこ検査、エコー撮っていただいた結果。

「膀胱炎」

何でやねん・・・・・・・

実はこの前日、私も健康診断で膀胱炎の兆候がみられると言われたばっかりで・・・・
(昔からワタクシ泌尿器系が弱いもので)
何だかなぁ~

幸い、ジュディは注射打ってもらったらすぐに治まり、今も念のため薬飲んでいますが全く異常なし。そしてワタシは先生から「水分たくさん採って下さいね~」のお言葉のみ。
お互い大したこと無くて良かったのですが。

去年からどうもジュディとワタシ、悪い意味で健康面での波長が合っているんですよねぇ。夏はジュディが、秋はワタシが手術してるし。
特にワタシの場合、今まで会社で受ける健康診断は「これが学校の成績だったら・・・」と思うほど優秀だったのに、今年になって膀胱炎の他にも(自分的には)愕然とする結果が。

ジュディもワタシもそろそろ身体に不調が出てくるお年頃なんでしょうかね。


またまた話が変わりまして。

実はですね。先日、最寄の駅前でバセットを見たんですよ。
しかもそのコは迷い犬! ドコカラキタンダオマエハ・・・・・
車や自転車の往来をものともせず、尻尾フリフリ悠々と歩いてましたよ。何てヤツだ危ないよったく。

バセットにしつこく付きまとわれていたおばちゃん&私&通りがかりのおじさんの3人で駅前の交番へ。私は出勤途中だったので、後ろ髪を引かれつつ、後の事をお任せして会社へ。

夕方仕事終わってから、交番で聞いてみると、警察署へ連れて行ったとの事だったので、電話で問い合わせたら、無事飼い主のもとへ帰ったそうな。
まだ保護されていたらウチで預かろうか・・・ジュディ&もみじと一緒に、というわけにはいかないけど、玄関でならまぁ何とか・・・呼び名はとりあえず「モキチ」だな♪と色々妄想膨らませていたのですが、何にせよ飼い主さん現れて良かった~一件落着でした。

そのバセは男の子でした。かなりの美形。そしてもぉ人懐こいのなんの・・・・さすがバセット。


そうそう、ジュディさん来月で7歳になります。
もう「老犬」と言われる年齢なんですね・・・・早いなぁ。
健康面、今以上に気をつけないと。 
[PR]
# by bassethoundno1 | 2009-02-10 20:34

謹賀新年

あっという間にお正月も終わってしまいました。

毎年のことですが、見事なくらい外へ出ない「引きこもり正月」を過ごしました。
もちろんジュディ&もみじも飼い主に無理やり付き合わされて引きこもり。

旦那さんが突然庭掃除をすると言い出した。

あのね。
元日ですよ。
いくら自分が年の暮れギリギリまで釣りの為に伊豆へ逃亡したからって
何も元日に庭掃除することないでしょ・・・・

まぁいいや。

換気もかねて犬達も外へ出してやった。

めちゃめちゃ寒い~
外へ出たくないので、部屋の中から隠し撮り。(ボケボケ写真ですいません)
e0117138_2113737.jpg

e0117138_2113738.jpg

e0117138_2113730.jpg

e0117138_2113758.jpg

e0117138_2113746.jpg

ジュディさん、アンタせっかく集めた枯葉ばらまいてるだけなのでは・・・

今年もまったく飼い主の手伝いする気が無い(出来ない)ジュディ&もみじをどうぞ今年も生暖かい目で見守ってやってください。よろしくお願いいたします。
[PR]
# by bassethoundno1 | 2009-01-06 21:13

毎冬のことですが

ストーブが欠かせない季節ですね。

いつものことですが、ストーブの傍は犬達に占領されてしまい、我ら飼い主達は隅に追いやられています。
e0117138_20314964.jpg

ジュディはソファの上、もみじはストーブの真ん前で寝ています。必ずいつもこの位置。親子間で協定が結ばれているのかもしれません。

まぁ私もかなりの寒がりなのでジュディの位置へ無理やり割り込んで座るのですが、そうするとジュディは私の膝へ乗って寝ています。全体重が私の太もも~膝にかかるので、重たくて足痺れます。どんなけこの位置好きやねん・・・
e0117138_20314975.jpg
e0117138_20314953.jpg


しばらくしてひょっこり起きだすもみじ。たぶん暑くなってきたんでしょう。
e0117138_20314937.jpg

寝ぼけ顔がおもしろかったのでもみじの顔で遊ぶ。
皮余りすぎだな。
e0117138_2031491.jpg


ストーブの暖かさもいいけど、やっぱり自然の日光浴が身体には一番良いよね。
週末天気が良ければ公園へGOだ!
e0117138_20314959.jpg

                                   「約束ですよ!」 Byもみじ
[PR]
# by bassethoundno1 | 2008-12-18 20:31

ジュディとの語らい

夏に子宮蓄膿症の手術をうけたジュディ。
秋に口の腫瘍摘出の手術をうけた私。

そんな「アラフォー手術コンビ」のしょーもない語らい。


ジュディ 「詩音さん、今回は大変だったねぇ~お見舞いにも行かず失礼」
    「イヤお見舞いは来てもらわなくて助かりましたよオホホ」
ジュディ 「最近あんまり病院行ってないみたいだけど?」
  「アンタ、ぼ~っとしてるように見えて、けっこう観察してるのね。そーなのタンポンしなくても良くなったから、今は1~2週間ごとの通院になったのさ」 
ジュディ 「ふーん、良かったじゃん。でもさ、詩音さんいない間、ワタシだって色々大変だった んだから。」
     「え?なにを?」
ジュディ 「だってさ~散歩だって手抜きだったし、もみじのお守り全部ワタシがやってたんだから~」
     「散歩はともかく、もみじはアンタの娘なんだから当然じゃん。」
ジュディ 「かんべんしてくれ」
     「育児放棄すんなよ。ところで今回の手術で、犬ってすごいわぁとつくづく感心したよ。アンタ子宮とって24時間経たないうちにすっかり元気だったもんね。抜糸だって結構平気そうだったし。私なんて抜糸し終わって、あんまり痛くって泣いたもん。」
ジュディ 「あれくらいでヒーヒー言ってちゃ、世の中生きて生けないのよ。普段エラソーにして るけど、人間ってヘタレだなぁ~ケケケ」
     「返す言葉もございません。いや~アンタはすごい!!」
e0117138_21345776.jpg

     「でもさー健康って大事だよねーアンタももみじもくれぐれも病気なんてしないでね。多少頭悪くたっていいからさ~いや~健康第一!!うん。」
ジュディ 「失礼なっっ!まぁもみじにも言っとくわ」


 
語らいの輪に入れなくても、まるっきり能天気娘のもみじ。

入院する日の朝に撮った写真。
e0117138_2118592.jpg


もちろん、お土産なんぞありません。
[PR]
# by bassethoundno1 | 2008-12-02 21:18

駅伝

先週の話ですが。

「全日本大学駅伝」を沿道で応援してきました。
名古屋の熱田神宮~三重の伊勢神宮までの106km8区間を走ります。

とっても天気が良かったのでジュディ&もみじもお供に。
e0117138_22393975.jpg


松阪市内のコンビニ前で選手が走ってくるのを待っていると、いつのまにやら沿道はギャラリーで埋め尽くされていました。
見知らぬ男性から声をかけられまして、何でもその方の友人の息子さんが出場していらっしゃるそうで、私たちが見ている区間を走るので是非応援して欲しいとの事でした。
東洋大学の選手で、地元松阪の出身だそうです。もちろん快く引き受けさせていただきました。

しばらくすると・・・
e0117138_22462132.jpg

目の前に中央学院大学ののぼりと横断幕が・・・
ちょっとしたいきさつでワタシが横断幕の真ん中を持つことになりました。

まだかまだか~と待っていると、やってまいりました~
e0117138_2252466.jpg

e0117138_22533035.jpg

e0117138_2254434.jpg

中央学院来た~~頑張れ~~横断幕持っているので応援にも力が入ります。
その後に・・・
e0117138_22555637.jpg

東洋来た~~頑張れ~故郷に錦を飾るんだ~中央学院の横断幕を持ちつつ、東洋も応援。
e0117138_22583882.jpg

実はワタシは中央ファンです・・・・・・・・・・特に理由は無いけども

初めて目の前で見ましたが早っっ!!ワタシはあのペースでは100mで息あがってしまいますね。

飼い主達、犬ほっぽり出してキャーキャー応援している最中、ジュディ&もみじは
e0117138_2303763.jpg

e0117138_2305448.jpg

e0117138_2314770.jpg

e0117138_2321089.jpg
e0117138_2323881.jpg

まったく関心ありません。
ギャラリーの皆さんに可愛がってもらってちょっとご満悦でしたが。

ジュディ&もみじにとってはただの日光浴で終わったみたいです。
[PR]
# by bassethoundno1 | 2008-11-09 23:07

何とか復活しました

皆さん、お久しぶりです。
何とか手術も終わって退院しました。

えー今日は、私の入院と手術の記録を綴ることにいたします。
こういった類の話題が苦手&つまんないという方、ホントにすみません・・・・
でも。
初めての入院&手術体験でしたので、自分のためにも記録を残しておきたいと思うのです。
よろしければお付き合い下さいね。

今回は親知らず(上の左右と、下左の埋まってるやつ)抜歯と、腫瘍を取り除く手術でした。
腫瘍を採って調べてもらったところ、「歯牙腫」だったそうです。とりあえず良性だったのでほっとしましたが、まだ全部採りきれているわけではないので、定期的に診てもらう必要があるそうです。腫瘍がか~な~り~深くまで達していたらしく、手術後、先生から「いや~大変だったよ~もうすこしで顎の骨ポキッといきそうだったよ~」と言われてガクブルでした。

10月初頭に手術してから約10日間の入院生活を体験してきました。
入院当日、先生から手術の説明を受け、あまりのヘビーな内容に頭クラクラしたりしておりました(基本的にこのテの話は超苦手なもので)。もちろんそれまでにはある程度の説明は受けていましたけど、いざ手術を翌日に控えて話を聞くと、こりゃまたエライ事になったわ・・・と、思わずこのまま病院を脱走しようかとも。

で、手術日到来です。

午後からということで、午前中はボケーと暇だったんですが、この待ち時間ってイヤですねぇ~
前日のビビリをなんとか克服して、「もぉこうなったら槍でも鉄砲でも持ってきやがれぇ~!」と意気込んでいたのですが、同じ部屋の女の子が午前中の手術を終えて部屋に戻ってきて、そのあまりの痛々しい状態を見てまた凹みまくり。どよ~~ん

あぁぁぁぁぁ~~~もうやだぁぁぁぁ~~とビクビクしていたら・・・
「詩音さ~~~ん、そろそろですよぉ~~」と看護士さんの声。
寸足らずの浴衣みたいな手術着を着せられ、なぜが膝までの白いタイツをはいて歩いて手術室へ行きました。
入り口開いて入った瞬間、手術してくださる主治医の先生、オペモードのいでたちで立っていらっしゃいました。

ワタシ「あー先生、雰囲気変わりますね~一瞬どなたか?と思っちゃいましたよ~よろしくお願いします~ヘラヘラ」 (← もうテンパってしまって訳わからず)
先生 「あははは~~頑張りましょうね~~」 (←さぁ~て仕事すっか~!な通常モード)

で、手術台に寝かされ、「ハイ麻酔しますよ~~」と言われてからは、記憶ありません・・・

パチッと目が覚めたら、手術台のまわりを先生や看護士さんが取り囲んでいて
「詩音さ~~ん詩音さ~~ん」と声かけられ、「あ、終わったんだ~」と思った瞬間
猛烈な痛みと吐き気が・・・・・これがハンパじゃないって位に痛い。おまけに口の中がものすご~く苦い~~ただでさえ吐き気がするのにこの苦味でさらにパワーアップ。

ワタシ    「痛い・・・・気持ち悪い・・・・何?この苦いの・・・・」
看護士さん 「もうすぐ薬効いて痛みも和らぎますからね~~」

だったら薬効いて痛みなくなるまで麻酔かけといてくれぇぇ~~~

・・・と口には出しませんでしたが、心の中で絶叫しとりました。だってホントに痛いんだもん・・・・

病室に帰ってきてからは痛みは引いたものの、とにかく気持ち悪くて吐き気がとまりませんでした。麻酔のせいもあったのかもしれませんが、血がドクドク出てきてティッシュで拭ってもどうしても血を飲みこんでしまっていたせいもあったかと。おまけに血が鼻へ逆流・・・・

そして、びっくりしたのは頬。もうパンパン。そして唇はタラコ。2倍に膨れ上がってる・・・
“あぁこのまま元に戻らなかったらどうしよう・・・そりゃ元々大した顔じゃないけど、さすがにこの顔はひどいよ。もう引きこもるしかないよな・・・”吐き気とあまりにひどい自分の顔に、すっかり絶望。

結局、2日間ほどゴハン食べられませんでした・・・・

3日目位からは吐き気も治まり、流動食なら普通に食べられるように。顔の腫れも少しづつ治ってきました。
ちなみにワタクシが入院中食べていた食事は毎日三食こんな感じ。
e0117138_1312367.jpg

全部ドロドログチャグチャで味ほとんど無し。当たり前か・・・・・

で、口の中にポッカリ大きな穴が開いている状態なのですが、そこにタンポンを詰めていて(タンポンといっても要は長~~いガーゼ)それの交換をしないといけないわけです。
手術前に先生から「これがまたちょっとした痛さなんですよぉ~アハハ」と聞かされていたのでそれなりに覚悟していたのですけど、ちょっとやそっとどころの騒ぎじゃない位痛いんですけど・・・・特に1回目の交換の時のあの痛さはそりゃもう。しかも先生、ゆっくりそっと取り出してくれたらいいのに、なんでそんなに引っ張るかオイ。
「あー骨に引っかかってるなぁ~チョット痛いですよね~ごめんね~」って、
チョットと違うわ!!!めちゃめちゃ痛いわ!!アンタ自分がやられたことあるんかぁ~!
 
もちろん口には出しませんけど、涙ぐみながら心の中で叫んでおりました。

最初はめちゃ痛かったタンポン交換も、数回やっていくうちに痛みもそれほど感じないようになってきました。これでひとまず心穏やかに。

手術から約1週間。
痛みも無く腫れもほぼ引いて、「あーそろそろ退院したいなぁ~」と思っていた矢先のこと。

担当医さん 「詩音さん、今日は抜糸しますね♪」
ワタシ    「ハ、ハイ」
診察室へ向かう道中・・・・・
ワタシ    「先生、抜糸って痛いの?」
担当医さん 「う~ん、多少チクッとするけど、大したこと無いよ~ニッコリ^^」

抜糸開始。

パチンパチン・・・
キャアァァァァァー痛いー痛すぎるー先生の嘘つき~!!

担当医さん「痛い?ごめんね~もう少し我慢してね・・・んーまつり縫いは難しいなぁ~」

まつり縫いって先生・・・・家庭科の授業じゃないんだから・・・・ううううう

マジ涙ぐみました・・・・
うがいしたら、血の塊が出てきてた・・・
先生、糸だけじゃなくてワタシの歯肉切ってませんか?うわーん・・・

ところで今回ワタシが入院したのは大学病院だったのですが、大学病院といえば「白い巨塔」ですよね(そうか?)。ドラマで見た「財前教授の総回診です~」っていうの体験できるなぁと興味深深だったんですね。

で、どうだったかというと。
エライ先生方が病室に来るんじゃなくて、私たち患者さんが診察室へ出向くんです。
まぁこれは口腔外科だからというのもあるのかもしれませんが、イメージと違うなぁ~と。
廊下の長いすで待たされて、「詩音さ~ん」と呼ばれたので入ったら・・・
エライ先生方はもちろん、皆さん総出で何だか雰囲気ピリピリものすごい緊張感。
腰掛けると目の前には初めてお目にかかるエライ先生。
で、横にはこれまた見たことの無い、まだ学生さん?というようなピヨピヨの若い人たち。

エライ先生「キミ、病名は?」
担当医さん「○●◆◇★です・・・」←緊張のあまり、どもっている
エライ先生「ハイ、これは○◇☆☆*だね、要するに穴ぼこだね」←なんじゃそりゃ
ピヨピヨさん達「ハイ・・・(真剣なまなざしでワタシの口の中覗き込み、ノートをとる)

時間にして1~2分。
終わりかい!っていうか、ワタシの口の中晒しものかい!!

まぁ大学病院ってそーゆーところってのは頭ではわかってますけど、何だか・・・・ねぇ。

そんなこんなで約10日間の入院生活を送りました。
いやもう毎日本当に退屈でした・・・・身体も動かさないし、会話するのはお医者さんと看護士さんだけ。仲良くなった同室の女の子は先に退院してしまったし・・・もう鬱になりそうでしたよ。
私は普段からあまりテレビを見ないタチなので、会社の先輩方にマンガ本をたくさんお借りして(看護士さんもびっくりするくらい持ち込んだ)、それがとっても良い時間つぶしになって本当に助かりました。

退院して2週間ほどになりますけど、相変わらず口の中にポッカリ穴が開いていて、タンポン詰めているので毎日通院してます。だいぶ穴も小さくなってきているそうなので、もう少しの辛抱です。

毎日何不自由なく身体が動かせて、食べ物を美味しく好きなだけ食べられるっていうことのありがたみをヒシヒシと感じた今回の入院でした。
[PR]
# by bassethoundno1 | 2008-11-03 11:23