ジュディともみじの物語

basset.exblog.jp
ブログトップ

ブログ更新を怠けていた間の出来事

新年を迎えたときに「今年は少なくとも週1ペースでブログを更新しよう!」と決めたものの、早々に決意崩れました。

休日はドップリ引きこもり生活を送っていますが、先日珍しく車でとある公園へジュディともみじを連れて行きました。かなり広い公園。
e0117138_20344757.jpg


お天気も良く絶好のお散歩日和だと思ったのですが、ものすんごく風が強い。
e0117138_20344759.jpg

池の水が波打ち、ジュディ&もみじの耳も風でたなびく。ダンボのように飛んでいきそうだ。

向かい風にも負けずにひたすら歩いていくとちょっとした庭園が。
e0117138_20344740.jpg

まぁまるでモネの絵画のようではありませんか~WWW モデルが悪いな。
もみじ、ジュディ母さんが追いつくのを待っています。
e0117138_20344788.jpg


あー寒い寒いとひたすら歩く。もくもくと歩く。
e0117138_20344733.jpg


もみちゃん、アンタはまさしくジュディの娘だ。間違いない。
e0117138_20344774.jpg
e0117138_20344775.jpg


全然話変わりますが。

先週、ジュディのオシッコに血が混じっているのを発見。朝の出勤前だったのでとりあえず先生に電話をしてみたところ
「食欲があって元気なら緊急というほどではないと思うので、夜に来院してください。できればおしっこを採って持ってきてください」

仕事を終えて早速オシッコ採取にとりかかろうと、空きビンをゴソゴソ出していたその時
ジュディ おしっこジャ~~~・・・・・・
間に合いませんでした。
失敗

ゴハンを食べさせればその後必ず水を飲むので、それまで待機。

「血の混じったおしっこなんて・・・」と心配している飼い主の前でガツガツごはんを平らげ、もみじの分もあわよくば食べちゃえ~と狙っている食欲旺盛なジュディ。しかも食べ終わったらドタドタ走り回っている始末。あの~オタクお体のほうは大丈夫なんですかい???????

しばらくしたらトイレの方へ。早速ビン持ってスタンバイ。

成功!!

急いで病院へ。おしっこ入りビン提出。

おしっこ検査、エコー撮っていただいた結果。

「膀胱炎」

何でやねん・・・・・・・

実はこの前日、私も健康診断で膀胱炎の兆候がみられると言われたばっかりで・・・・
(昔からワタクシ泌尿器系が弱いもので)
何だかなぁ~

幸い、ジュディは注射打ってもらったらすぐに治まり、今も念のため薬飲んでいますが全く異常なし。そしてワタシは先生から「水分たくさん採って下さいね~」のお言葉のみ。
お互い大したこと無くて良かったのですが。

去年からどうもジュディとワタシ、悪い意味で健康面での波長が合っているんですよねぇ。夏はジュディが、秋はワタシが手術してるし。
特にワタシの場合、今まで会社で受ける健康診断は「これが学校の成績だったら・・・」と思うほど優秀だったのに、今年になって膀胱炎の他にも(自分的には)愕然とする結果が。

ジュディもワタシもそろそろ身体に不調が出てくるお年頃なんでしょうかね。


またまた話が変わりまして。

実はですね。先日、最寄の駅前でバセットを見たんですよ。
しかもそのコは迷い犬! ドコカラキタンダオマエハ・・・・・
車や自転車の往来をものともせず、尻尾フリフリ悠々と歩いてましたよ。何てヤツだ危ないよったく。

バセットにしつこく付きまとわれていたおばちゃん&私&通りがかりのおじさんの3人で駅前の交番へ。私は出勤途中だったので、後ろ髪を引かれつつ、後の事をお任せして会社へ。

夕方仕事終わってから、交番で聞いてみると、警察署へ連れて行ったとの事だったので、電話で問い合わせたら、無事飼い主のもとへ帰ったそうな。
まだ保護されていたらウチで預かろうか・・・ジュディ&もみじと一緒に、というわけにはいかないけど、玄関でならまぁ何とか・・・呼び名はとりあえず「モキチ」だな♪と色々妄想膨らませていたのですが、何にせよ飼い主さん現れて良かった~一件落着でした。

そのバセは男の子でした。かなりの美形。そしてもぉ人懐こいのなんの・・・・さすがバセット。


そうそう、ジュディさん来月で7歳になります。
もう「老犬」と言われる年齢なんですね・・・・早いなぁ。
健康面、今以上に気をつけないと。 
[PR]
by bassethoundno1 | 2009-02-10 20:34